s i t e s a k a m o t o
『CHASM』 インタビュー
back to main index
what's new
--------------------

『/04』リリース/ メディア露出予定表
(TV SPOT)

「TV SPOT/ASIENCE−fast piano」
放送期間:2004年11月16日〜11月30日
放送局・地区:フジテレビジョン・東京地区
放映予定時間帯:

月曜日
11:25 ペット百科 (番組前)
15:15 チャンネルα (番組中)
20:00 HEY! HEY! HEY! (番組前)
23:30 ニュースJAPAN (番組中)
26:28 単発番組枠 (番組前、中)

火曜日
12:00 笑っていいと! (番組前)
14:05 F2-X (番組中)
16:59 スーパーニュース (番組中)
26:28 NONFIX (番組前、中)

水曜日
06:10 めざましテレビ2部 (番組中)
15:00 チャンネルα (番組中)
21:00 トリビアの泉 (番組前)
26:58 UK JACK! (番組中)

木曜日
12:00 笑っていいとも! (番組中)
16:59 スーパーニュース (番組中)
23:00 Viva Viva V6 (番組中)
26:35 ドキュメンタリー (番組中)

金曜日
06:10 めざましテレビ2部 (番組中)
15:00 チャンネルα (番組中)
19:00 ザ・ジャッジEX (番組中)
23:00 メントレG (番組前)
26:10 プレミアの巣窟 (番組前)
26:30 ミッドナイト アートシアター (番組中)

土曜日
10:00 土曜LIVE (番組前)
12:00 技ありっ! (番組中)
13:00 エンタ!見たもん勝ち (番組中)
18:00 MUSIC FAIR 21 (番組前)
23:30 僕らの音楽 (番組前)
25:45 DO! 深夜 (番組中)

日曜日
10:00 笑っていいとも!(番組中)
13:00  さんま大先生が行く! (番組中)
22:00 EZ! TV (番組中)
26:10 単発番組枠 (番組中)


(TV)

「MUSIC CAPSULE」
放送日時: 2004年11月24日, 21:30~22:00
放送局: SPACESHOWER TV
番組名: MUSIC CAPSULE

放送内容:

21:30 Making of 「/04」, TAINAI KAIKIVideo Clip
21:34 Making of 「/04」, YOU DO ME Video Clip
21:37 Making of 「/04」, LOST CHILD Video Clip
21:42 Making of 「/04」, 1919 (Live) Video Clip
21:48 Making of 「/04」, Merry Christmas Mr.Lawrence(Live)Video Clip

リピート放送予定日時:
11/25/2004 14:00~
11/26/2004 23:30~
11/28/2004 19:30~

「TBS ウォッチ!」
放送日時: 2004年11月24日, 5:30~8:30 (番組内で2回、6時台と7時台にOA予定)
放送局: TBS
番組名: TBS ウォッチ!
放送内容: ヴィデオ・コメント

(RADIO)

●TOKYO-FM/『MOTHER MUSIC RECORDSGLOBAL ASTRO RADIO』
11/23(火) 23:00〜24:00 (NYから電話にて生出演)

●TOKYO-FM/『JET STREAM』    
11/25(木) 08:00〜21:00 (一万回記念) 

●TOKYO-FM/『715』            
11/27(土) 27:00〜28:00 

●TOKYO-FM/『坂上みきのBeautiful』   
11/30(火) 13:00〜16:00 

●TOKYO-FM/『MUSIC VIBES』    
12/13(月)〜12/17(金)(スペシャル・ウィークの中1日)    
16:00〜19:00

●TOKYO-FM/『デイリートーク』     
12/27(月)〜12/31(金) 14:55〜15:00
 
●全国JFN系28局/『IR3 JAPAN』 
11/26(金)  27:00〜29:00 
青森、岩手、山形、福島、群馬、栃木、新潟、長野、富山、石川
福井、岐阜、三重、滋賀、神戸、山陰、岡山、山口、広島、香川
徳島、高知、佐賀、中九州、大分、宮崎、鹿児島、沖縄、KISS FM

●JFN系列/『MY FAVORITE THINGS』 
12/11(土)    
FM秋田 16:55〜17:00  FM山形 12:55〜13:00  FM群馬 16:55〜17:00 
FM岡山 12:55〜13:00  FM香川 16:55〜17:00  FM徳島 16:55〜17:00
FM佐賀 16:55〜17:00  FM長崎 16:55〜17:00  FM大分 16:55〜17:00
FM山陰 15:55〜16:00 (FM山陰のみ 12/8(水)のオンエアー)
 
●エフエム仙台/『坂本龍一 /04』(特番)  
12/26(日)    19:00〜19:55

●CROSS FM/番組タイトル未定(特番)  
11/26(金)    19:00〜20:00

●CROSS FM/『TENJIN APRES-MIDI』  
12/02(木)    12:00〜15:00


*上記リストは現時点で把握している情報に基づいていますが、場合によっては各局の事情により放送日時、内容などに変更が生じる場合があります。予めご了承ください。

updated on 11/21/2004 (GMT:-5:00)


『/04』 各曲解説、一挙公開!
《各曲解説》

1: Asience- fast piano
(「ASIENCE」 CM曲)

これはまあ、要望が多いので・・・。リクエストにお応えして入れました。
「fast piano」と言っているくらいなので、「slow piano」もあるんです。
個人的にはそちらの方が好きなんですが。


*本人監修による楽譜集(近日発売詳細を発表します)には「slow piano」versionが掲載される予定です。

2: Yamazaki 2002
(サントリー・ウイスキー「山崎」CM曲)

作ったときから「懐かしい」感じのする曲で、少々オセンチですけど・・・、好きな曲です。

これはもともと、ピアノで作った曲なので最初からこのアルバムに収録するつもりでした。CMバージョンよりこちらの録音の方がイイ感じに仕上がっています。

3: +33
(music for Louis Vuitton 150th Anniversary)

ルイ・ヴィトンの150周年イベントのために作った曲です。
有名な「モノグラム」のデザインと精巧な鞄作りにインスパイアされました。
8台のピアノが多重録音されています。
「ピアノ・オーケストラ」というアイデアを初めて表した曲です。


4: Merry Christmas Mr. Lawrence
(映画「戦場のメリークリスマス」テーマ曲)

こうやって他の曲と並べて弾いてみると、特にこの曲がいいというわけではありませんね。なぜこの曲だけ特に好まれるのか、作った当時から分かりませんでした。ただ、シンプルで覚えやすいメロディーではあります。大事なことかもしれません。

この曲だけではなくアルバム全体として、テンポの「揺れ」を大事にしています。
この曲は過去にも何度も演奏しているので、その「揺れ」の違いが判ると思います。
「揺らす」というのは個人の中からしか出てこないものなので、それが「インティメイト」
ということに繋がっていると思います。


5: Rain
(映画「ラストエンペラー」より)

これは、1台のピアノで弾くのが難しい曲なんです。
今回は多重録音をしたのでやっと音楽らしくなった、という感じです。


6: Perspective

原曲はシンセで多重録音した曲ですけど、ピアノだけでやったらどうなるか・・と思って取り上げてみました。これが上手くいき、こういった曲でもピアノだけで成立するとわかったので「Riot in Lagos」もやってみようと思ったのです。
通常こういった曲はピアノだけで演奏するというのは発想しにくい曲なんです。
この曲はYMOが終わる年に作ったので、この曲や「ONGAKU」などはソロのような意識で作っていたのを覚えています。


本当に久しぶりに歌っています。この曲は自分で歌ったほうがいいかな・・・と思いまして。力を抜いて歌えるようにするために、キーを低くしました。

7: Undercooled - acoustica

ラップの曲を室内楽風にピアノでやるという、やはり普通では思いつきにくいアイデアなのですが、やってみたら意外と良かったです。
あたかもクラッシクの歌曲のように、Mc Sniperがタキシードでも着て、コンサート会場で
ピアノの前でラップしている情景が浮かびます。
その違和感が面白くて、かなり好きです。


8: Riot in Lagos

曲調から考えると最もピアノには合わない曲なんですが、とても新鮮。
これも8台分のピアノを多重録音をしています。
これは一人で弾くのは不可能な曲なので・・・多重録音になったというだけの話しですけど。
もともとアフリカ音楽の影響を受けている曲ですが、その匂いがピアノに移し変えても残っているのが興味深いですね。
この方向性で一つのジャンルができそうな・・「西洋音楽の楽器を作ったアフリカ音楽」というね。ハーモニーがないんですよね。かなり新鮮です。


9: Theme for Roningai-symphonic
(演劇「浪人街」テーマ曲)

オセンチな曲ですよね。
ある女性のために書いた曲です。

これもそうとうテンポが「揺れて」います。
その「揺れ」にオーケストラがついてきているのがとても気持ちいいので、ピアノ・ソロバージョンもあったのですが、『/04』にはあえてシンフォニックバージョンを収録しました。


10: Tamago 2004

これもある女性のために書きましたよ。フェイ・ダナウェイですね。
さきほどから「揺れ、揺れ」と言っていますが、これが一番「揺れて」いますね。
約25年も前の曲になるんですが、ジョビンの影響がハッキリうかがえます。
この曲のことはすっかり忘れていたのですが「CM/TV」を編纂しているときに聴きなおして、どうしても演奏したかった曲です。ピアノ・ソロ バージョンもあるのですが、このメロディーは藤原真理さんのチェロにピッタリだと思ってお願いしました。


11: Bibo no Aozora

これもどうしても入れたかった曲です。
「1996」のときにこのアレンジをしたんですが、この曲はこのアレンジ以外では考えられなくなってしまいました。弦のパートを弾くには、鋭敏なリズム感と強靭な忍耐力が必要で、チェロはジャック(ジャック・モーレンバウム)以外には考えられません。
今回、ヴァイオリニストの後藤勇一郎さんと初めて一緒に演奏しました。とても素晴らしい演奏でした。
このような静かな曲にもかかわらず、イタリアでこの曲を演奏すると、とても熱狂的な反応が返ってくるのです。


12: Seven Samurai - ending theme
(music for PS2 game “Seven Samurai” 20XX)

不思議な曲なんです。
こういうハーモニーの進行は、聴いた事がない。
曲を思いついたときは「まだあったか!」って、躍り上がって喜んだんです。サビは「テクノポリス」のメロディーと同じだって、あとで気がつきました。
ピアノと尺八の組み合わせというのも、イイでしょう。
自分にとっては普通になってしまいましたけど。


13: Dear Liz

この曲も長らく演奏していませんでした。
「メディア・バーン」ツアー以来ですね。むかし、キリンのころには渡辺香津美と二人でよくやってたらしいです。
(最近知り合いにそう聞ききました。自分では全く覚えていませんでした。(^^;)
これも要望の多い、また自分でも好きな曲です。
久しぶりに取り上げてみました。
そういえば、これもサントリーの、しかもウイスキーのCMのために作った曲ですね。
「メディア・バーン・ライブ」のバージョンとは違って、中間部がありません。
原曲のくっきりした輪郭を表すため、あえて冗長な中間部をバッサリ捨てました。
かなり短いですけど。



Bonus Track
Asience – original
 (original commercial music for “ASIENCE”)

一度もCDになっていないのですが、非常に要望が多いので今回あえてこういう形で収録しました。
もともとCM用には最長で1分程度しか作っていませんでしたから、ちょっとだけ長くしておきました。
「Tong Poo」のような曲を・・というリクエストだったのですが、作ってみたらこんなものになってしまいました・・。



『/04』 will be released on 11/24/2004!

updated on 11/14/2004 (GMT:-5:00)


リリース間近! 坂本龍一『/04』 Q&A!
あと2週間ほどで発売となる『/04』。
前作「CHASM」に続き、今回も「Q&A」そして「各曲解説」を順次掲載します。
第一弾は『/04』Q&A。

/04 Questionnaire

Q1
「/04」はどんなアルバム?
CHASMの続編を期待する向きも多いと思いますが、あえてピアノ中心のアルバム発売に至った経緯は?


う〜〜ん、そうですね、ベスト盤です。
経緯は・・・・個人的な事情です。


--具体的には?

言えません。(^^;

--タイトル「/04」は当然2004年を表しているのだと思いますが、なぜ年号がタイトルに?

(だってぇ〜〜〜、) 前に「1996」というベスト盤的なアルバムを作ったので、それの姉妹盤ということであえて年号をタイトルにしました。

Q2
完成した「/04」を聴いて、感想などはありますか?(出来栄えなど)

好き。

--「好き」をもう少し詳しく解説してください。

なごみます。
テンポがゆったりしているので、なごむんでしょうね。


--意図的にそういうテンポを選んだのでしょうか?

そうですね、心境の変化で。

--それはどういう?

だいぶ「ジジイ」になってきたんで。
精神的な要請でしょう。


Q3
選曲の意図は?

自分の好きな過去の曲から選びました。
実際には25〜26曲ほど選び、録音しました。
その中から今回は「ベスト」と思える13曲を選びました。


Q4
CHASMの影響はありますか?
あるとすればどういった点?


具体的には分かりませんが、影響はあります。

--ヒントを教えてもらえませんか?

なんとなく感じる人もいるんじゃないかな・・・・。

--それは、演奏、アレンジ、などという部分に現れているのでしょうか?

音色かな。
弾き方と録音に影響が出ていると思います。


Q5
ピアノに向かう気持ちに変化はありましたか?

なんかね、こう、今までに比べて遥かにインティメイト(私的な) な演奏ができるようになってきた・・。

--それがCHASMの影響ですか?

多分、M2S(Jobim楽曲を演奏した経験)とCHASMの、両方の影響だと思います。

Q6
音楽に対する気持ちの変化はあったのでしょうか?

上の答えと同じことですが、より「個人的」になっているということですね。

Q7
過去の楽曲を、改めて作品として俯瞰した感想は?

別にないけど・・・。
というか、恥ずかしいから言いたくありません。


Q8
ピアノ・ソロコンサートは?

やってもいいと思っています。
(今年はありませんけど)


Q9
今後、どのような作品を構想していますか?

難しぃ〜〜〜。(フーとため息をつく)

--エレクトロニカは、どうするんですか?

なんかね〜、書かれた作品のようなものでもなく、かといって、即興でもない、
エレクトロニカでもなく、クラッシックでもないもの・・・。
そういうものが作りたいと思っています。


Q10
来年、日本でライブは?

来年は日本でもコンサートをするつもりです。

--どんな?

全てを総合したような形ができるといいけど。

次回から「各曲解説」を掲載します。

updated on 11/9/2004 (GMT:-5:00)


--------------------
©1999 - 2014 KAB America Inc.
-----------------------
terms of use